日本における昭和から現代にかけての結婚式場の移り変わり


昭和時代の結婚式場と現代の結婚式場の違い

日本における結婚は、古来から冠婚葬祭における儀式の一つとして開催される事が多く、両家(主にきょうだい・親戚等)の顔合わせの意味合いが強い物だった事から、以前の結婚式場は新郎新婦の実家・どちらかの実家から近い公民館・地域の人が集まる宴会場がある飲食店やイベント会場が一般的でした。現代の結婚式は、価値観が多様化(和洋の文化が混在化)してきた事から形態が変化してきており、式場は挙式と披露宴が一体化した結婚式がメインである事から、教会(チャペル)や神前式場(神棚などを設置)と結婚式場が同じ敷地内にあるホテル・結婚式専用の会場で式を挙げる事が多くを占めています。専用の会場は50人以上を収容するスペースとなっており、大規模ホテルや会場の場合は100人以上を余裕で収容出来る事もあるので、招待客や身内が多い場合や芸能人や有名人等はそちらを利用する事もあります。

現代の結婚式場の作り

現代の結婚式場の作りは、式場の近くに調理スペースが併設されている事で、出来立ての料理がすぐに給仕出来る仕組みになっており、プロ調理人と式場スタッフの連携によって、滞りなく料理が作られて運ばれていきます。料理に関しては、有名シェフや和食料理人監修のフランス料理や和食のフルコースが提供され、式場のこだわりを垣間見る事が出来ます。料理以外の進化も進んでおり、ハイクオリティの映像や音響を作れる装置・ゴンドラ(新郎新婦登場の際に使用)・数十人が入れる二次会用の会場の設置等によって、顧客満足度アップや集客努力を行っています。

福岡の結婚式場は、福岡にある結婚の儀式を執り行うことができる場所のことです。なお、近年の式場は、挙式会場だけでなく披露宴会場も一体化したものが多い傾向にあります。