流行を反映させるのもいいけれど、基本的なマナーを守りたい引き出物


値段と個数を知りたい

記念品と引菓子、そして縁起物を合わせて贈ることの多い引き出物ですが、比較的新しいブライダル文化で自由度の高いプチギフトと比べると、新郎新婦本人の好みだけでは決められない要素が絡んできますよね。地方によっては引き出物に関して独特の風習が今でも残されていますし、引き出物にかける金額にも地域差があるんですよ。全国的に行われているブライダル関連のトレンド調査では、北海道が全国平均よりも安い傾向が見られます。この地域では披露宴は会費制で行われることが多いので、そのことが反映した結果だと言われていますよね。逆に平均よりも引き出物の数を多くしたり、お金をたくさんかける地域は東海地方や北陸地方の一部などです。名古屋などは派手婚が好まれる地域なので、引き出物も豪華になるのかもしれません。ゲストに対して失礼のないように、引き出物の金額や種類は両家の親の意見も踏まえて決めた方がいいですね。

人間関係と引き出物選びは繋がっている

自分達とゲストとの人間関係も、引き出物の金額や品物のチョイスに深くかかわってきます。確かに新郎新婦と近い立場の友人と、目上の親族や上司が同じ品物だったら良くありませんよね。引き出物に関連する調査の結果などから考えると、大体6500円前後が無難な数値だと言えます。目上の立場の人にはこれよりも高めの品物にした方がいいでしょう。新しいトレンドを取り入れたいなら、引き出物を入れる手提げバッグをエコバックに出来るようにしておくのがおすすめです。

海の見えるロケーションで挙式出来る式場や、地元の新鮮な食材を使った料理にこだわっている式場など、福岡の結婚式場には、地元の良いところを生かした場所が多いです。