空間を演出できるローソファ!特徴と選び方のポイントをご紹介!


ローソファってどんなもの?

ローソファとは文字通りロー(low)。高さの低いソファのことを言います。ソファの脚部分がないか短いソファのことです。一般的なソファよりもフロアと近いところに腰を下すため、座椅子のような感覚で座ることができます。通常のソファよりも軽いものが多く、女性でも動かしやすいものが多いようです。また、高さが低いので圧迫感が少なく部屋がとても広く見えます。

ローソファにはどんな種類があるの?

ローソファにはコーナーに配置できるコーナーローソファや、背もたれ部分が高くなっているハイバックローソファ。ローソファベッドなどの種類があります。それぞれ特徴があり、コーナーローソファはデッドスペースと言われる部屋の角のスペースを有効利用できます。一方、ハイバックソファは背中をゆったりと預けることのできるタイプ。また、ローソファベッドはリクライニングによってベッドとソファの2wayが可能となります。なおコーナーソファには、小さなソファとして分けて使うことのできるタイプもあり、シチュエーションによって使い分けが可能です。

選ぶときに注意することはある?

ローソファは高さが低く天井までの空間が広いため、部屋を広く演出できますし、低い位置に座れるため安心感があるでしょう。一方で、その低さから、テレビなどの位置が見づらかったり、元々あったテーブルと高さが合わない。などの問題が起こることもあるようです。そのように高さの合わないソファの場合、不自然な体勢を強いられてしまいます。ですから、予め他の家具の位置や高さなどを測っておき、合った高さのソファを探すと手間がないでしょう。

一つの部屋にダイニングテーブルとソファの二種類を設置すると部屋が狭く感じますが、両方を兼ねるソファ ダイニングならその悩みを解決出来ます。